4C とは
ダイヤモンドの基礎知識

「4C」は、「カラット」「カラー」「クラリティ」「カット」の頭文字を表わすダイヤモンドの評価基準で、この4つのバランスが優れているものほど、高く評価されます。

カラット/重さ

カラットは、ダイヤモンドの重量を表す単位です。

重さの単位であり、1ct(カラット)は、0.2g。重くなるほどその貴重価値は高くなります。ただし、ダイヤモンドの価値はカット、カラー、クラリティーの品質と合わせて総合的に評価されます。

カラー/色

ダイヤモンドは、無色透明なほど希少価値が高まります。

ピンク、ブルーなど特に美しい色の「ファンシーカラー」を例外に、無色に近いほど高評価。最高位はDIAMONDの頭文字から取られた「D」カラーで、グレードが下がるにつれ黄色みを帯びていきます。

クラリティ/透明度

ダイヤモンドの透明度を測るためのものです。

宝石の透明度を表します。ダイヤモンドの内部、または表面にある天然の内包物の大きさや位置、数の度合いを、一定の基準に基づいて格付け。10倍の拡大検査にて11段階で評価されます。

カット/輝き

Love is では、最高位である「エクセレント」評価のダイヤモンドのみ取り扱っております。

4Cにおいて唯一、人為的な要素でありダイヤモンドの輝きを左右するほど重要なカット。Love is では、ラウンドブリリアントカットの最高位である「エクセレント」評価のダイヤモンドのみ取り扱っております。